ぷら水素はどんな水素水?特徴や口コミ体験談

水道水がミネラルウォーターの高濃度水素水なる?プラ水素の3つの特徴

プラ水素

ぷら水素はスティックタイプの水素発生剤をペットボトル等に入れた水道水やミネラルウォーターに入れるだけで1.6ppmの高濃度の水素水を作ることができる水素水作成キットです。

 

スティック型の水素生成素材を入れることからこのタイプをスティック型水素水と呼ぶこともありますが、スティック型水素水の中でもプラ水素はコストパフォーマンスと水道水からもおいしい水素水が作れることからかなりおススメです。

 

 

  1. スティックを入れて2時間待つだけで1.6ppmのミネラル入り高濃度水素水
  2. どれだけ水素水を飲んでも一日約132円のコストパフォーマンスの良さ
  3. 水道水で作ってもカルキ臭さが抜けて美味しい水素水ができる

 

スティックを入れて2時間待つだけで1.6ppmのミネラル入り高濃度水素水

プラ水素は自宅で水素水を作る水素水キットの中では、セブンウォーターアキュエラ水素水と比較すると水素濃度は若干落ちはしますが、それでも1.6ppmという十分な水素濃度の水素水が作れます。

 

 

それよりも、セブンウォーターやアキュエラ水素水と比べるとたった2時間で水素水が出来上がりと言うのが最大のメリットです。
高濃度水素水と言うのも捨てがたいところではありますが、やっぱり毎日使うとなったら出来るだけ短時間に水素水を作りたいですからね。

 

 

どれだけ水素水を飲んでも一日約132円のコストパフォーマンスの良さ

ぷら水素で使うスティックは、24時間連続使用しても寿命が約一か月間も持つので一日にどれだけ飲んでも追加で料金がかかることがありません。

 

水素水サーバーでも水素水が飲み放題になりますが、購入しようとすると安い物でも15万円程度だし、置き場所も必要になります。

 

一方、

 

ぷら水素はペットボトルに入るくらいの小さなスティックなのでコンパクトで持ち運びも楽々、定期コースの価格が3950円と初めて水素水を試す人でも気軽に手が出せるのが嬉しいですね。

 

家族で使いたい人には、2本コース、3本コースと家族構成に応じた本数を注文することができるし、本数が多いコースほど割引があり3本コースでは定価で購入するよりも35%引きの価格で購入することができます。

 

一日あたりに換算すると、約132円とアルミパウチの水素水一本分よりも安い価格で水素水を飲むことができます。
一日に500ml飲んでも、1000ml飲んでも132円なのでコストパフォーマンスの良さが分かりますね。

 

水道水で作ってもカルキ臭さが抜けて美味しい水素水ができる

水道水
ぷら水素のスティックには水素以外にシリカ、マグネシウム、カルシウムなど8種類のミネラルが含まれています。

 

これがどういうことかというと、

 

ただの水道水を使っても、スティックを入れて2時間後にはミネラル豊富な1.6ppm高濃度の水素水になると言うことです。

 

ミネラルが入ることにより、口当たりがまろやかになるので、とても飲みやすい水素水になるし、水素水の効果を実感するのには、平均3か月程度は継続していくことが推奨されています。
手間なく美味しい水素水が出来ると言う意味で、ぷら水素は非常に使いやすく続けやすいので水素水の効果を実感しやすいと思います。

 

 

ぷら水素で使われるスティックは、24時間水素水を作りっぱなしでも約一か月間も使う事ができるので、一日当たり約132円で水素水飲み放題という圧倒的なコストパフォーマンスの良さも魅力ですね。

 

水素水で健康維持を目的とする方はもちろんですが、プラ水素のに含まれる成分から美容目的とする方には最高におススメです。

 

>>ミネラル水素水【ぷら水素】公式サイト<<

ぷら水素の基本情報

ぷら水素の基本情報として、価格、お支払方法や水素濃度などを簡単にまとめてみました。
プラ水素を飲む

 

価格 1本定期コース 3950円(税抜)

2本定期コース 6450円(税抜)
3本定期コース 8950円(税抜)
1本トライアルプラン 4620円(税抜)

送料 定期便は送料無料

トライアルコースは500円

お支払方法 クレジットカード決済

後払い(コンビニ、郵便局、銀行)
代金引換

水素濃度 2時間で1.6ppm

 



ぷら水素の口コミをチェック!

ぷら水素の口コミをまとめてみました。

 

ぷら水素では、水素水を作る手順がスティックを水に入れるだけと簡単という点が喜ばれていますね。

 

また、ぷら水素のスティックには水素だけでなく、ミネラルも含まれているのでただの水道水で作っても美味しい水素水が出来るというのも好印象のようですね。

 

 

目覚めが良くなった!
飲み始めてから、朝の目覚めが良くなり気持ちよく起きる事が出来るようになりました。

 

汗のかきかたが変わった!
運動してもそれほど汗が出なかったのですが、ぷら水素を飲み始めてから汗を大量にかくようになって、新陳代謝が良くなったのを実感しました!

 

簡単に作れる!
スティックを水に入れるだけなので簡単で、メンテナンスも不要なので続けられそうです

 

お通じがよくなった!
便秘に悩まされていましたが、毎日お通じが来るようになりました!

 

水道水のカルキ臭さがなくなって、とても飲みやすい!
ここまで味が変わるのかと驚く程、口当たりがまろやかで飲みやすい水素水ができます。

 

他にも、目覚めが良くなる、汗がかきやすくなるといった水素水ならではの効果を実感している人がたくさんいましたよ。

ぷら水素の個人的な感想

ぷら水素は小さいスティックなので、置き場所に困ることはまずありません。

 

ペットボトルは水素が抜けやすいと言われていますが、水素水を作っている最中だったらずっと水素が発生し続けているわけだしペットボトルで十分です。

 

プラ水素の場合、水素水の生成に2時間かかるので、飲みたい時にすぐ飲めるという訳ではないのですが、

 

例えば仕事の通勤途中に飲んで減った分を水道水で補充して、休憩時間にも飲めるようにすれば効率的じゃないかと思います。

 

手軽さではアルミパウチの水素水に軍配が上がりますが、計画的に水素水を作っていくことでアルミパウチと同等の手軽さを実現できます。

 

 

ぷら水素は一か月間スティックを入れっぱなしなので、衛生面ではどうなのかと気になっていたのですが、しばらく使っているとスティックに白い汚れが見えてきました。
これは、ミネラル分が付着したもので体に悪影響はないようですが、気になる人はクエン酸で洗うと綺麗になります。

 

個人的には面倒なので水洗いのみで済ましていましたが、白い汚れがあると水素発生の効率にも多少影響があるようなので、私みたいにものぐさでない人は定期的にスティックの掃除をして、綺麗な状態で使用してくれた方が良いでしょうね。

 

何よりも水道水を使って水素水が簡単に作れる、コストパフォーマンスが高いっていうのがプラ水素の最大のメリットだと思います。

 

 

>>ぷら水素公式サイトはコチラ<<

 

水素水初心者におススメの水素水

水素水で美容や健康への効果を実感したいけど、今はだれも水素水にどれだけの水素濃度が必要なのかを断言できる人はいません。

0.8ppmとか1.0ppmとかいう人はいますが、科学的根拠なく言ってるので鵜呑みにしない方が良いです。
だからこそ水素水を始めるならできるだけ高濃度で、出来るだけ低コストで始められる水素水がおススメです。

色々な水素水を試してきましたが、水素濃度の観点で今私が最もおススメするのはセブンウォーターです。水素濃度が断トツで違います。
水素水セブンウォーター

レンタル出来る水素水サーバー

今一番人気でおススメできる水素水サーバーはアクアバンク。
月額レンタル料金も安く、水道水から直接水素水を作れるので、ウォーターサーバーとしても役割もあってお得です。 2人以上の家庭だったら断然おススメです。
水素水価格比較、水素水濃度実測比較も作ってみました!

関連ページ

セブンウォーターを最もおススメする理由!
水素水キットは自宅で安く自分で水素水を生成するためのキットです。特徴としては出来立ての濃度が高い水素水が飲めることが特徴で、コストも安くすみますが、水素水が出来るまでちょっと時間がかかるというデメリットもあります。
アキュエラ水素水7.0ppmの特徴と注意したいこと
水素水キットは自宅で安く自分で水素水を生成するためのキットです。特徴としては出来立ての濃度が高い水素水が飲めることが特徴で、コストも安くすみますが、水素水が出来るまでちょっと時間がかかるというデメリットもあります。
Anity-H2はどんな水素水?特徴や口コミ体験談
水素水キットは自宅で安く自分で水素水を生成するためのキットです。特徴としては出来立ての濃度が高い水素水が飲めることが特徴で、コストも安くすみますが、水素水が出来るまでちょっと時間がかかるというデメリットもあります。
ドクター水素水はどんな水素水?特徴や口コミ体験談
水素水キットは自宅で安く自分で水素水を生成するためのキットです。特徴としては出来立ての濃度が高い水素水が飲めることが特徴で、コストも安くすみますが、水素水が出来るまでちょっと時間がかかるというデメリットもあります。
自宅で作れる水素水 アキュエラ7.0とセブンウォーターを徹底比較
水素水キットは自宅で安く自分で水素水を生成するためのキットです。特徴としては出来立ての濃度が高い水素水が飲めることが特徴で、コストも安くすみますが、水素水が出来るまでちょっと時間がかかるというデメリットもあります。